株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
046-821-3362
トップ > ニュース > プレスリリース > デジタル接客ソリューション「CBA Live Assist」がCisco社認定ソリューションとして承認されました

デジタル接客ソリューション「CBA Live Assist」がCisco社認定ソリューションとして承認されました

2022-01-07

背景

コールセンター、コンタクトセンターソリューション、各種自動化・遠隔サポートツールを展開する株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(CBA)は、2021年の7月に米国の大手ソリューションプロバイダーであるCisco社のパートナープログラムに参加し、その後ソリューションパートナーとして認定されております。

CBAでは、自社SDKソリューションのCBA Live Assistを、Cisco社の認定ソリューションとして登録するため、同社に申請を行っておりました。Cisco社の認定ソリューションとして承認されるには、ソリューション承認、ソリューションリリース、そしてCisco互換性認定プロセスの3ステージで審議を通過する必要があります。そしてこの度CBA Live Assistは、すべての認定プロセスを完了し、最終認定を取得いたしました。CBA Live Assistは現在、Cisco社認定ソリューションとして提供させていただいております。

今後の展開

Cisco社認定ソリューションとなることで、Cisco社製ソリューションをご利用になられている企業様やコンタクトセンター・コールセンター様、BPO様におきまして、CBA Live Assistのコミュニケーション機能を安心して、安全に、そして柔軟に取り込むことが可能となります。クラウド・オンプレ、いずれでもSDKを通じた柔軟なインテグレーションが可能です。CBA Live Assistの機能等に関しましては、CBA Live Assistサイトを御覧ください。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニューについて

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(CBA)はこれまで、コールセンターやコンタクトセンターに特化したソリューション、また業務自動化ツール・ソリューションを展開して参りました。CBAにはこうした技術を専門に扱える技術者・開発者が数多く在籍しており、Cisco社の展開するコールセンターやコンタクトセンター向けソリューションと、SDKミドルウェアソリューションであるLive Assistなどを始めとする各種コミュニケーションツール・ソリューションのインテグレーションが可能です。お客様とのコミュニケーションやカスタマーエクスペリエンスの向上を目指すすべての企業様におかれましては、安心してビデオ通話やコブラウズ(画面共有)の導入および自社システムとの柔軟なインテグレーションをお任せいただけます。CBAは、そうした企業様の今後の事業成長を達成するためのお手伝いをして参ります。

Cisco社について

Cisco社(Cisco Systems, Inc.)は、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションを世界的に展開するソリューションプロバイダです。ビジネスの世界、そして音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野においても、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。

Cisco社の会社概要・詳細は以下のWebサイトよりご参照頂けます。
http://www.cisco.com/ 

CBA Live Assist について

CBA Live Assistは、導入企業様固有のシステムや業務に合わせてチューニングできるフレキシブルさと拡張性により、各要件やカスタマイズニーズに細かく調整することができるSDKベースのオンラインコミュニケーションツールです。

ニューノーマルという新しい時代の流れを捉えながら、そのリッチなコミュニケーション機能と相まって、オンラインでもこれまでの対面と変わらない顧客体験の提供と向上を実現できます。

  • 自社運用条件に適う必要がある
  •  自社システムの連携を考えると、やはりカスタマイズ必須
  • 自社提供アプリに組み込みたい

こういった課題には、「SDKを通じた柔軟でセキュアなシステム連携」というCBA Live Assistの強みがフィットするため、最適化されたシステムの構築と連携が実現できます。CBA Live AssistのSDKを利用することにより、簡単に自社アプリ(iOS/Android/Web)、自社ECサイト、PBXに連携させる形で、ビデオ通話やコブラウズ、ドキュメントプッシュ、アノテーションやフォーム入力支援といった、Live Assistのコミュニケーション機能を組み込むことができます。

このページをシェア