株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
046-821-3362
平日9:00 - 17:00

VBVoice

ひとつのコールフローでIVRとビジュアルIVRを高速開発
トップ > VBVoice – IVR・ビジュアルIVR高速開発ソフトウェア

VBVoiceとは

VBVoiceは、IVRソリューションを始め、オートアテンダント、自動支払い、FAXアプリケーション、通知、投票、アンケートなど、電話機能 を組み込んだ高度なアプリケーションの構築ができるソフトウェアです。

VBVoiceを使えば、充実した機能をもつインバウンド、アウトバウンドのIVRソリューションを迅速かつ低コストで作成でき、顧客サービスの向上、内部プロセスの効率化につながります。

バージョン10以降では、従来のIVRに加え、スマートフォンアプリでのビジュアルIVR(VIVR)も同時に作成することができます。

主な特徴

  • Microsoft社のVisual Studio の統合
  • Dialogic社の音声ハードウェアのサポート
  • 直観的なグラフィカル・ユーザー・インターフェース
  • イベント駆動型フレームワーク
  • プログラム可能なコンポーネント
  • 簡単なデータベース接続
  • プロンプトライブラリ(英語(英・米)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語(スペイン・南米)、中国語(北京語・広東語))
  • サンプル・アプリケーション(多数のVB6、C# およびVB.NET サンプルアプリケーション:例えば、ヘルプデスク、音声案内、FAXサービス、予測ダイヤラなど)

VBVoiceによって構築されたIVRアプリケーションは、医療、保健、公共事業、銀行から政府 まで、世界各地の様々な業界で導入されています。

開発はC#やVB.NETといったポピュラーなIDE環境で行うことができます。サンプルがたくさんあるため、サンプルをベースにすぐ形にできます。

またド ラッグ&ドロップによるGUIベースの操作でコールフローを作ることができ、コーディングを最小限に抑え、デバッグに時間を取られてしまうのを避けられます。

データベースの接続や更新も簡単にでき、オプションで音声認識や音声合成の技術を追加することもできます。

バージョン10からの新機能

VBVoice10から導入された新製品Visual Connectにより、音声処理とデータ処理に同じコールフローを使用できるようになりました。

これにより、スマートフォンアプリのVIVRと従来のIVRのデュアルチャネルの開発を高速に行うことができます。

  • シングルチャネル開発の労力でデュアルチャネル開発
  • 既存のIVRコールフローとメニューを再利用してビジュアル出力が可
  • ビルトインの魅力的なGUIを使用したスマートフォンアプリの出力が可
  • ビジュアルIVRアプリケーションを作成するための追加のコールフロー、コントロール、または開発環境は不要
  • スマートフォンからHTML5対応ブラウザまで、様々なデバイスからのアクセスが可能

Visual Connectとは

Visual ConnectはVBVoiceに組み込まれた強力なツールです。

VBVoiceのすべてのコントロールで、2つの出力チャンネルを同時に構築するコールフローを開発することができます。

ビジュアルIVRアプリケーションの開発が簡単に

IVR開発者は、VBVoiceで使用しているのと同じツールを使えます。ボタンをクリックするだけでコールフローでのデータチャネルが有効になり、音声メニューに加えてグラフィック表現でのメニューとプロンプトが出力されるようになります。

既存のIVRアプリケーションを再利用できます

既存のIVRアプリケーションを使用している場合は、VBVoice 10.1にアップグレードし、既存のコールフローを再利用してビジュアルに出力できます。

Visual Connectを有効にするためにコールフローを再開発する必要はありません。テキストメッセージに固有のいくつかのプロパティをカスタマイズするだけで、アプリケーションはビジュアルIVRとしても使えるようになります。

エンドユーザに魅力的な視覚体験を提供

バージョン10.1からの新機能

VBVoice10.1ではバージョン10の機能に加えて以下の機能が追加されています。

  • ビジュアルメニューと音声メニューを展開する際に、先にビジュアルチャンネルをカスタマイズするか、直接展開するかをモードを選択可能
  • ビジュアルIVRメニューでは、リストからの選択や、該当する選択肢がない場合のテキスト入力など複数の入力方法を設定可能
  • エンドユーザが情報を入力するときにわざわざ「入力」ボタンをタッチする必要なし。音声通話のようなフローを実現
  • ビジュアルIVRでも、必要に応じて音声プロンプトを聞くことが可能
  • 動的メニューは、アプリケーションを再コンパイルして再デプロイすることなく、実行時にオンとオフを切り替えることができる
  • .net用のすべてのVBVoiceサポートアセンブリを1つのライブラリに保存できる

バージョン10.2からの新機能

VBVoice 10.2は新たなユーザーエクスペリエンスを提供します。Microsoft Windows 10に合わせた新しいカラーデザインとアイコンが追加されました。開発者は、アプリケーションをよりいっそう直感的に、より迅速に構築できるようになりました。

VBVoice 10.2には、VMware Cluster環境をフルに活用できる新しい高可用性ライセンスと、VBVoiceアプリケーションのシリアライズと変更履歴の追跡を可能にする新しいバージョン管理機能も導入されています。最新のVisualStudio®2017を使用し、Microsoft®Windows®10およびWindowsServer®2016 StandardでのすべてのPronexusの製品をサポートし、同期させます。VBVoice10.2はバージョン10、10.1の機能を引き継いでいます。

直感的なデザイン

VBVoiceはコントロールの視覚的認識を改善し、より直感的な開発を提供するためにコントロールの外観を変更しました。 コンポーネントは、Windows 10と同様の新しいトレンドに合わせたスタイルになっています。複数のスキームが含まれており、お好みでデザインを選択できます。

ダイヤルコントロールの機能拡張

この機能はSIPコールに適用され、よりインテリジェントなダイヤル制御動作を提供します。

SIP Pronexus コールコントロールRawCallInfo

Pronexusコールコントロールを使用すると、LineGroupのRawCalInfoプロパティは、すべてのカスタムヘッダーとほとんどの標準ヘッダーを取得できます。

VMwareでのVBVoice RTMの高可用性

Pronexus社の新しいHAライセンスにより、開発者は継続的に利用可能なVBVoiceサービスを提供できるようになります。

MRCPパフォーマンスの向上

新しいVBVMrcpClient(バージョン2)が追加され、バージョン1より多くの負荷を処理できるバージョンが開発者に提供されました。 バージョン2では、冗長性と負荷分散も提供されます。

コントロールのプロパティをシリアライズするための新しいフォーマット

以前は、VBVoiceコンポーネントのプロパティがバイナリ形式で.resxファイルに保存されていたため、ソース管理のさまざまなバージョンの比較ができませんでした。 現在のバージョンでは、バイナリデータがクリアで読みやすいテキストに置き換えられているため、VisualStudioでプロジェクトを開いていなくても変更を簡単にトレースしたり、変更を加えることができます。

リモート診断ロギング

開発者は、VILログをTCP経由でサブスクライバに送信できるよう、デフォルトのロギング設定をオーバーライドすることができます。ローカルのディスクスペースがログでいっぱいにならずにすみます。

診断ログコレクタ

Pronexusサポート(VBVLogs、VILログ、RTFログ)に送信する必要があるすべての診断ログをすばやく収集するために、VBVoiceコントロールパネルのサポートセクションに新しい項目が追加されました。 “Collect Logs”メニュー項目を選択して出力パスを選択するだけで、必要なすべてのログが圧縮(圧縮)されたファイルに保存され、Pronexusサポートに送信されます。

クラッシュダンプの自動生成

VBVoiceコントロールパネルの新しい設定では、メモリ違反の解析をサポートするためにメモリダンプを自動的に作成できます。

VBVoiceを使用し御社に最適のソリューションを開発いたします。

CBAではVBVoiceを使用したテレフォニー・ソリューションのシステム開発も承っております。

開発事例

  • 音声・FAX自動応答システム・ソリューション
  • コールセンターシステム・ソリューション
  • 自動電話注文・予約受付ソリューション
  • ヘルプデスク・ソリューション
  • FAXソリューション(送受信・蓄積・転送)
  • テレマーケティング・ソリューション
  • ボイスメール・ソリューション
  • 医療機関専用患者リマインダー・フォローアップ ・ソリューション
  • 災害時早期警報システム・ソリューション
  • 会議システム・ソリューション

導入及び構築に関して数多くの実績を持つコンサルタントが、御社のソリューションの要件定義をさせて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さい。

VBVoiceの導入・販売のお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。
電話によるお問い合わせも承っております。046-821-3362(平日9:00~17:00)