株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
046-821-3362
平日9:00 - 17:00

MR(複合現実)によるリモートサポート

トップ > ソリューション > MR(複合現実)によるリモートサポート

遠隔からの社内サポートやカスタマーサポートを実現するMR(複合現実)ソリューション

MR―ミックスドリアリティ(複合現実)。まだ耳慣れない言葉ですが、業界先進国のアメリカでは、カスタマーサポートや社内サポート、さらに遠隔医療の分野でMRの技術が利用され始めています。

具体的にどのようなリモートサポートが可能になるのでしょうか。

例えば、現場のエンジニアと遠隔にいるエキスパートの二つのビデオストリームをマージすることにより、あたかもその場にエキスパートがいるかのようにエンジニアをサポートする、ということが可能になります。

画面上で身振り手振りを用いて、または画面に注釈を書いたりして、具体的にどの部分を、どのように修理すればいいか、といったことをことを視覚的に説明することができ、迅速な解決につながります。

MRによるサポートシステムを開発したHelp Lightning(ヘルプライトニング)社のビデオをご覧ください。(同社はこの技術をMerged Realityと呼んでいます)

MRによるサポートシステムを導入することで得られる効果

MR(マージドリアリティ)やバーチャルプレゼンスによる、モバイルでの迅速かつ明瞭なリモートコミュニケーションは、エンジニアの効率アップによるコストカットやCX(顧客満足度)向上に繋がっています。

米国では既に製造機・電機メーカー、医療機器メーカーなどに導入実績があり、サービスオペレーションに劇的なインパクトをもたらしています。

Help Lightning社のシステムを導入した企業のリサーチによると、このシステム導入により、5~15%の設備コストを削減、エンジニアの効率が10~20%向上しました。

Aberdeen Group社の調査によると、技術サービス業における出張サービスのうち、33%は2度目の出張を余儀なくされます。Help Lightningの導入により、経験不足による再出張の18%、情報の不足による再出張の19%、誤診断による再出張の28%を回避することができます。

導入企業の声

「常にこの投資から多くの価値を得ています」
– US Technology Technical Serviceマネージャ

 

「Help Lightningによるリモートコミュニケーションのおかげで27分で問題を解決でき、
操作システムが24~36時間もダウンするのを避けることができました」

– シニアシステムスペシャリスト

 

「実質的な問題は数時間ではなく約10分で解決され、
エンジニアも派遣せずに済みました。」

– ナショナルサービスマネージャ

 

ヘルプライトニングに関するさらに詳しい情報や導入のご相談は弊社CBAまでお問い合わせください。