top_tbp_r
pbx コスト安


trixbox01_r1_c1
trixbox01_r2_c1

trixbox01_r5_c1


イニシャルとランニング両方のコストダウンは可能?

trixboxProが多くの企業に選ばれ続けている大きな理由のひとつは、保守費用を含めたトータルコストの安さです。平均的な他社PBXと比べて初期費用が半額以下、保守費用も半額以下です。

弊社のお客様のケースで、約100ユーザー、月20,000コールのインバウンド・アウトバウンドのアウトソーサー様の例では、他社PBXは保守費用が非常に高く全通話録音分だけで年間400万円でしたが、弊社は年額のソフトウェア保守とインシデント制のサポートを100万円/年でご提供させていただきました。

trixbox01_r7_c1

 

 


trixboxProで大幅なコストダウンが可能な理由ー優れたメンテナンス性

コールセンターの構築にtrixboxProを導入することでここまでトータルコストを下げられる理由の一つは、PBXの設定が自分たちでできることにあります。
従来のPBXの中には、少し設定を変えるだけでも業者に依頼しなければならず、結果的に保守費用が非常に高くなる場合があります。加えて、作業スピードも業者の日程に左右されるため、数日、場合によっては数週間待たされてしまい、その効率面から見た機会損失も問題です。

しかし、 trixboxProは、GUI画面でほとんどの設定を自分で変更できるため、無駄な時間をなくし、機会損失を避けることができます。例えば、休日の着信スケジュールを変える、IVRの応答メッセージを変えるなどといった設定変更が、ブラウザから簡単に行えます。PBXの設定を柔軟にユーザーが変更できることが、結果としてランニングコストを下げる要因になるのです。

 


APIによる既存システムとの連携ー拡張性

PBXの中には、連携できるシステムが、その開発元のベンダーが扱っているものに前もって決められている場合もありますが、trixboxは既存のシステムや、他のアプリケーションとの連携を可能にし、高い拡張性を持っています。

加えて弊社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(以下CBA)では、独自に開発した「CBAPI」により、既存システムとtrixboxProの連携が可能です。結果として、システムの入れ替え時にかかるイニシャルコストを下げることができます。
また全通話録音システム「VoIPTrek(ヴォイプ・トレック)」を含めて、トータルコストが低いこともメリットのひとつです。
case_2_connect

またRunScriptで機能を追加できることも、魅力の一つです。

 

 


収容する回線を選べてコストダウンできる柔軟性

case_3_image

複数の回線を収容できることも、企業がtrixboxProを導入を決定する上で大きな要因となっています。trixboxProの導入をきっかけに他社のPBXでは指定されていた回線を解約し、コストパフォーマンスに優れた回線を選ぶことで、通信費の削減を実現することができます。

また、リスクヘッジの観点で見ても、光回線とIP回線を同時に収容でき使い分けができますので、どちらかの回線で障害がおきても、もう片方の回線で電話がつながるので万が一のリスクを分散させることができます。

 


BCP対策にも向いている柔軟性

case_4_image感染性の病気の流行、自然災害などオペレーターの出社が不可能な状況は突然やってきます。

だからといって、コールセンターの業務を止めるわけにはいきません。場合によっては、そういう時だからこそコールセンター/カスタマーセンターが必要とされれる場合もあるでしょう。

それで、trixboxProでは、西日本・東日本にそれぞれサーバーを設置し、片側が運用不可になった場合に、すべての呼をもう片方のPBXに移行するというBCP対応が可能です。

 

 

弊社ではこのtorixboxProの導入を設計から構築、そして講習までをワンストップ、さらには増席にも対応し、お客様を全力でサポートさせていただきます。

 


利用規約

trixboxPro 利用規約

trixbox Pro EE および CCE 版 利用規約

trixbox ProEE および CCE 版は、Fonality 社製trixbox Pro EE 版および CCE 版のユーザーに提供するライセンスの取扱いを定めたものです。 trixboxPro をご利用頂く場合には、お客様が本規約の全条項を同意いただくものとします。

trixbox Pro EE および CCE 版 利用規約

trixbox Pro スタンダードサポート規約

trixbox Pro スタンダード・サポート規約は、trixbox Pro をご利用頂いて いるユーザー(以下「お客様」といいます。)に対してご提供する有償でのテクニカルサポートの内容及び取扱いを定めたものです。 trixboxPro をご利用頂く場合には、お客様において本規約の全条項を同意いただいたものとして、サポートを提供いたします。

trixbox Pro スタンダードサポート規約


trixbox Proについてのご質問、導入のご相談

CBAは全国どこにでもご説明に伺います。以下の問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。


お電話でのお問い合わせ 046-821-3362

受付時間:9:00am–17:00pm(土日祝除く)


お名前/ご担当者(必須)

企業(団体)名

メールアドレス(必須)

電話番号(お電話をご希望のお客様のみ)

情報の入手先

  

メッセージ本文

上記に必要事項をご記入の上お問い合わせください。
弊社は、プライバシーポリシーにしたがってお客様からいただいた情報をお取り扱いいたします。ご同意いただける場合は「同意する」にチェックのうえ、「送信する」をクリックしてください。

同意する




CBAは全国どこでもご説明に伺います!お電話または問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください




クラウドとオンプレの利点を活かしたIP-PBX:trixbox Pro

Updated on 2017-04-02T05:02:43+00:00, by Tani.