株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
046-821-3362
平日9:00 - 17:00

asterCC

オールインワン・コールセンターシステム
トップ > asterCC(アスターシーシー) – オールインワン・コールセンターシステム > asterCC リアルタイムモニタリング、統計レポート、全通話録音機能

asterCCのリアルタイムモニタリング、統計レポート、全通話録音機能でコールセンターの生産性・品質改善を容易に。

asterCCのリアルタイムモニタリング

スーパーバイザ(SV)はシステムの稼働状況やオペレータの業務をリアルタイムで監視することができます。問題への迅速な対応や応対品質の改善に役立ちます。

システムの稼働状況の監視

トランク、IVR、FAX、キュー、オペレータ、呼損率など、システムの稼働状況をモニタリング

アラーム条件の設定が可能

アラーム条件に合致する事象が発生すると、モニタリング画面で通知が表示されます。複数のアラーム条件を設定可能です。

オペレータ応対状況の監視

SVはオペレータに接続して応対状況をモニタリングしたり、アシストすることができます。以下の方法があります。

モニタリング:OPと顧客の通話を聞く
バージ:通話に加わる
ウィスパリング: 通話に割込み、OPに対してのみ通話。(顧客にSVの声は聞こえない)
インターセプト: SVが通話を自分に転送して通話をアシスト

asterCCのレポート機能

幾千ものコール履歴から重要なデータを抽出し、課題点の発見、生産性の改善に。細かな出力条件を指定して多種多様なレポートを取得できます。

取得できる統計レポートの代表例

オペレータサービス明細

オペレータの平均業務処理時間や後処理時間、平均保留時間、転送数、問合せ数など

着信/架電明細

オペレータに対する、またはある内線の架電詳細やコール業務量統計、IVR時間など

データ量モニタリング

架電業務のデータ量統計

キャンペーン統計レポート

架電業務ごとのコール結果、成功率等

プレディクティブダイヤリング統計

プレディクティブダイヤリングによる各種データ。パラメーターを 設定するときの参考に利用可能

プレディクティブダイヤリングフィルタログ

応答があったもののオペレータが処理しなかった顧客への再架電などに用いるフィルタリスト

asterCCの全通話録音機能

AsterCCでは全通話録音機能が標準搭載されています。すべての通話を録音して応対品質の管理や「言った」「言わない」のトラブル回避に活用できます。

全通話録音の特徴

録音ファイルの検索

CDR(通話明細記録)と紐付いているため、細かな条件での検索が可能です。ブラウザから音声を検索し再生できます。

録音ファイルの再生

オペレータは自分の通話記録と録音をあとから再生してチェックし、応対品質の向上に役立てることができます。通話記録中にオンラインで録音を再生することも可能です。

録音ファイルの保存

通話録音は分散保存され、ストレージは無限に増やせます。録音の圧縮ファイルをダウンロードして手元に保存することもできます。

asterCC 導入・販売のお問い合わせ

「プレディクティブダイヤラーを低予算で導入してみたい」
「長期的に見てコストを抑えられる効率のよいコールセンターを作りたい」
「イン・アウト両方の機能を低価格で欲しい」
など、ご希望の要件をお知らせください。

お客様のニーズに最適なコールセンターシステムをご提案いたします。

電話によるお問い合わせも承っております。046-821-3362(平日9:00~17:00)