CafeXとCBAがコールセンター・CRMコンファレンスでWebRTCソリューションを紹介

本記事は、PRWEBの2015年11月12日 付ニュースリリース記事の概要です。記事の全文(英語)は以下のリンクよりご覧ください。

元記事:http://www.prweb.com/releases/2015/11/prweb13077937.htm

 

CafeX Communications, Inc.(以下「CafeX」)は、2015年11月12-13日に東京、池袋のサンシャインシティで開催されるコールセンター・CRMコンファレンスにおいて、アジア地域における重要なパートナーであるコミュニケーションビジネスアヴェニュー社(以下「CBA社」)とともにWebRTC顧客エンゲージメントソリューションLive Assist®の展示を行います。

WebRTC顧客エンゲージメントソリューションLive Assist®は、北米最大のビジネスコミュニケーションズイベントであるEnterprise Connect(エンタープライズ・コネクト)において2014年のProduct of the Year(プロダクト・オブ・ザ・イヤー)を受賞しました。

WebRTCベースのオムニチャネル顧客交流ソリューションにおいて市場をリードしているCafeXは、企業の既存のコンタクトセンター基盤をモバイル・ウェブプラットフォームへと拡張するための広範なソフトウェアソリューションを提供しており、国際市場において顕著な拡大を見せています。

CafeX最高マーケティング責任者、Sajeel Hussain

世界中の企業と同様、アジアの企業は幅広い機器や媒体を超えて一貫したシームレスな顧客サービス体験を提供するための大きな課題に直面している。コールセンター・CRMコンファレンスは、CafeXとそのパートナーCBA社にとって、WebRTCベースの製品が顧客エンゲージメントをいかに大きく向上させるかを実証するための優れたフォーラムとなる。わたしたちの体験とソリューションをアジアにおける企業とぜひ共有し、これらのソリューションがいかに顧客満足度を向上させるかを実証したい。

2015年11月12日ニューヨーク、PRWEB

 

※WebRTCソリューションLive Assist®の詳細についてはこちらのサイトをご覧ください。