クラウド/オンプレミスのコールセンターシステム構築

弊社では、trixbox ProやFUSION Connectをシステム基盤として活用したオンプレミス型及びクラウド型のコールセンターシステムの構築・導入実績が多数ございます。

trixboxprofusionconnect
trixboxがコールセンターに選ばれるには理由があります。導入費用が低価格で、自由にシステム構築できる拡張性があり、柔軟に席数の変更ができ、BCP対策ができる、などです。

月に20,000コールほどあるアウトソーサーは、他社PBXと比べて初期費用が半額以下、保守費用も半額以下になるために導入を決定しました。また現在100席ほどのアウトバウンドのコールセンターでは、INS1500回線とIP回線と複数の種類の回線が収容できることが一つの要因となり、結果的に障害に強いコールセンターが構築できました。フリーシートにも対応できるので、席の移動や増減にも柔軟に対応できます。こちらでtrixboxがコールセンターに選ばれる理由と掲載事例がご覧いただけます。

さらにNTTデータグローバルソリューションズ様は、通常のオフィス電話としてだけでなく特殊な機能要件が必要でしたが、trixboxProのデフォルト機能とスクリプト開発による拡張によってシステム構築を行い、要件を満たすことができました。

trixboxproコールセンター構成図

NTTデータグローバルソリューションズ様導入事例

大手コールセンターや金融機関などのセキュリティーが重視される場合でもtrixboxは採用され、信頼性があることが世界中で実証されています。

コールセンター/コンタクトセンターソリューションをご提案いたします

さらに弊社は、お客様からのご要望にお応えするために、通話録音『VoIPTrek(ヴォイプトレック)』やコールセンターの稼働状況を把握するためのCTIモニタリングツール『QueuesReporter(キューズレポーター)』の開発も行ってまいりました。これらのツールはtrixboxとも柔軟に組み合わせることのができ、コールセンター/コンタクトセンターの品質を向上するために多くのオフィス・コールセンターでご利用いただいております。

弊社では、オンプレミス及びクラウドの両方で、お客様のご予算や要求仕様に合わせて最適なコールセンター/コンタクトセンターソリューションを提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。